『安全対策』の労働関連コラム

2020.03.27 【書評】
【安全衛生・お薦めの一冊】『担当者の共通の悩みはコレ! 条文だけでは分からない労働安全衛生の実務Q&A』

判断迷う事案に回答  安全衛生実務者向けのWEB上コンテンツ「安全衛生セレクション」に寄せられた法令解釈についての相談と回答をまとめた本書。元労働基準監督官の筆者が、安全衛生法令条文と通達による解釈を中心に、誤りやすい事案を取り上げて詳しく解説をしていく。  「作業主任者は2つの作業場を担当できるか」といった安衛管理体制の質問から、具体的……[続きを読む]

2020.02.22 【書評】
【今週の労務書】『条文だけでは分からない労働安全衛生の実務Q&A』

作業計画は“臨時”にも  元労働基準監督署長が上梓した本書は、安全衛生や産業保健に関する活動について、実際に現場で発生した悩みを「Q&A」方式でまとめたもの。  多くのページを割いたのは、労働者の危害防止に関する事業者の講ずべき措置についての項目だ。たとえば作業計画に関しては、「年2~3回程度臨時に行う作業も対象か」との設問を用意した。定……[続きを読む]

2019.07.22 【Web限定ニュース】
弊社サイト内で2019年上半期に読まれた記事

2019年度上半期に労働新聞社のホームページで最も読まれた記事は?上位10本をランキング形式で紹介します。 第1位 ホワイト企業ランキングTOP100を公開 安全衛生優良企業マーク推進機構(Web限定ニュース/2019.6.1) 第2位 安全帯買換えを補助 新規格への対応で 厚労省・来年度(労働新聞/2018.10.22 第3181号2面……[続きを読む]

2019.06.24 【監督指導動向】
林業 死亡災害4件で「緊急メッセージ」 基本の徹底求める 北海道労働局

 北海道労働局は、今年に入って林業において4人が労働災害で死亡していることを受け、林業で働く労働者に向けて「緊急メッセージ」を発出した。4件の死亡労災がいずれも安全に関する基本的なルールを守らたなかったために発生していたため、「勘や経験に頼ることなく、各種法令やガイドラインを必ず守った作業の徹底を!」と呼びかけている。  同労働局安全課に……[続きを読む]

2019.05.27 【書評】
【安全衛生・お薦めの一冊】『危険感受性を向上させる安全教育・安全対策』

危険感受性を高めるには  安全教育の課題のひとつとして挙げられる「危険感受性」。産業現場では、稼動中の機械に不用意に近づいて巻き込まれる、つり荷の下に入って落下した荷の下敷きになるなどの災害が頻発している。身近なところでは両手をふさいだまま自転車に乗って歩行者に激突した事故の背景にも危険感受性の低下が見られる。  本書はこうした危険感受性……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ