『女性活躍』の労働関連コラム

2021.09.02 【書評】
【GoTo書店!!わたしの一冊】第31回『新版 いっぱしの女』氷室冴子著/三宅 香帆

働く女性の共感呼ぶ随筆  あなたは氷室冴子の名前をご存知だろうか。『なんて素敵にジャパネスク』『クララ白書』など、いわゆるコバルト小説という業界で一世を風靡した、少女小説家である。スタジオジブリのアニメ映画『海がきこえる』の原作を手掛けたことでも有名だ。  もう13年前に51歳という若さで逝去されたのだが、今なおファンは多い。もちろん私も……[続きを読む]

2021.06.06 【社労士プラザ】
仕事と家庭の両立を支援/たいよう労務事務所 宮井 陽子

 働き方改革の取組みの中で、私が注目しているのが子育て世代の働き方である。少子高齢化の急速な進展により労働力人口が減少し、社会保障制度の維持が困難になるなか、同時に女性の働き方を支援する制度の整備が進められている。出産、育児について適切な支援や柔軟な働き方を行い、働きやすい労働環境にしていくことは、非常に重要な課題である。  子育て世代の……[続きを読む]

2021.04.28 【監督指導動向】
育児支援や女性活躍 認定制度の好事例をまとめる 岩手労働局

 岩手労働局は、令和元年度に「えるぼし」や「くるみん」「ユースエール」の各種認定を受けた企業の取組みをまとめた「好事例集」を作成した。育児と仕事の両立や女性活躍に関する企業事例を紹介している。  たとえば花巻市の製造業者では、男性の育児休業取得に向けて、係長以上の管理職を対象に研修を実施。男性の育休取得希望者に対しては、制度の周知に関する……[続きを読む]

2021.03.13 【監督指導動向】
くるみん認定が100社を突破 兵庫労働局

 兵庫労働局は、次世代育成支援対策法に基づく「くるみん認定」について、兵庫県内で獲得した企業が100社を超えたと公表した。100社目となった企業は、試験研究サービス業を行う㈱共同病理(兵庫県神戸市、14人)だった。  同認定は、労働者の仕事と子育ての両立を図るために作成した行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たし、申請した企……[続きを読む]

2021.02.07 【社労士プラザ】
女性も働きやすい職場へ/かもめ社労士事務所 代表 小林 史栄

 先日、就職活動中の女子大学生と会話をする機会があり、彼女の発言の中で、少し驚いたことがあった。  「大学に入るとき、父から、私は女だから、別に進学しなくても良いといわれたんです」。  「えーっと、今って、昭和でしたっけ?」と思わず尋ねてしまった。  彼女は、父の考えは古い、自分は就活も頑張ってバリバリ働きたい、と意欲的に語ってくれた。……[続きを読む]

2018.05.20 【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】
ページトップ