【今週の労務書】『企業のための新型コロナウイルス対策マニュアル』

2020.06.13 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事業継続へ5ステップ

 本書は、公衆衛生学の専門家である筆者が、新型コロナウイルス感染が流行する中であっても企業が事業を継続していくために必要となる取組みを示したもの。取組みのステップを「危機管理体制を作る」から「対策を見直して改善する」までの5段階に分けるとともに計16項目の具体的な対策を挙げており、企業において次に何をすべきかを理解しやすい構成になっている。

 たとえば、危機管理体制の構築に当たっては、企業内での現状の体制を把握・評価したうえで、経営責任者による方針表明や、危機管理責任者の選任などを実施するとした。

 新型コロナウイルスの基礎知識や、従業員一人ひとりが取り組める事項、ウェブ広告業や製版製造業などの中小企業における対策事例も紹介している。

(和田耕治著、東洋経済新報社刊、TEL:03-6386-1040、1800円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

令和2年6月15日第3261号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ