【助言・指導 あっせん好事例集】いじめの存否で労使対立 退職者が謝罪等を要求

2020.05.02 【助言・指導 あっせん好事例集】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 コミュニケーション能力に問題があり、「周囲から浮き上がっている」ような従業員がいても、仕事に影響が出ない限り、上司もあまり気に留めないのが普通です。

 ところが、ある日突然、当人から「上司がいじめを放置していた。責任を取ってほしい」とクレームが寄せられました。「いじめの事実は確認されなかった」といっても、聞く耳を持ちません。対応に苦慮した会社側が、都道府県労働局にあっせんを求めました。

当事者の主張

従業員の言い分

 「体形についての侮蔑的発言」など、同僚から度重なる嫌がらせを受けました。しかし、営業所長等は必要な対策を取らず、みてみぬ振りをしていました。

 おかげで心身のバランスを崩し、現在は、休職中です。

 会社による慰謝料の支払いと加害者の謝罪を要求します。また、嫌がらせに耐えかねての不本意な離職なので、会社都合の退職として処理するのが当然と考えます。

事業主の言い分

 クレームを受けた後、加害者と名指しされた当人、周囲の従業員から事情を聴取しましたが、いじめ・嫌がらせの明白な事実を確認できませんでした。

 話し合いの場を設けても、当人の主張がころころと変わり、らちが明きません。当事者間では解決不能なので、紛争調整委員会のあっせんに委ねるほかないと判断しました。

あっせんの内容

 いじめ・嫌がらせの存在そのものについて「事実認識が相反」する状況のため、従業員が「謝罪等」の要求を取り下げる一方で、会社が和解金を支払うという解決策が提示されました。

結果

 事業主が1カ月分の和解金を支払うという内容で、両者が合意文書を交わしました。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ