採用選考の方法をめぐる助言・指導事例

2016.04.10 【助言・指導 あっせん好事例集】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

募集・採用

申出の概要

 申出人X(労働者)は、清掃業を営む被申出人Yの募集広告を見て応募したが、Yが職業安定所の紹介を受けてから来てほしいというので、職業安定所で紹介状を持って再び面接に行ったところ、すでに別の人に採用を決定したことを理由に面接を断られた。

 選考の方法に納得がいかないため労働局長の助言・指導を求めた。

紛争の背景

1.被申出人Yは清掃業務従事者○人の定員で求人広告を出していた。
2.Yは別に職業安定所にも求人登録をしていた。
3.申出人Xの応募の際にはYは誰の採用も決定していなかった。
4.Xが再度面接に来たときには求人広告に記載していた○人の定員の採用が決定されていた。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ