私傷病での休職を理由に雇止めされたことをめぐる助言・指導事例

2016.07.10 【助言・指導 あっせん好事例集】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

雇止め

申出の概要

 申出人X(労働者)は1年単位の有期契約社員としてY社(被申出人)に入社し、精密機械の組立加工を行う部署に配属された。入社して5年ほど経過した頃、業務終了後に帰宅したところ自宅で倒れ、そのまま救急車で搬送された。脳出血と診断を受け、現在は医師の指示どおり休職している。

 休職していたところ会社に呼ばれ、次回の契約更新はしないと言われた。賃金や職種を変更しても構わないので今後の契約更新を望むとして助言・指導を申し出た。

ジャンル:

    あわせて読みたい

    ページトップ