経歴詐称を理由とする懲戒解雇の是非をめぐる助言・指導事例

2016.03.19 【助言・指導 あっせん好事例集】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

懲戒解雇

申出の概要

 申出人X(労働者)は、コンピューターソフト開発を行う会社の営業職として3カ月間勤務していたが、内臓疾患で障害者認定を受けていることと履歴書の職歴に記載漏れが発覚し、経歴詐称として懲戒解雇された。

 しかし、障害を悪化させるような業務内容ではなく、また、障害が理由で仕事に支障が出たことはないことから、懲戒解雇を撤回するよう労働局長の助言・指導を求めた。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ