【今週の労務書】『採用・面接で「採ってはいけない人」の見きわめ方』

2012.08.13 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

過去の行動を掘り下げる

 本書は、社会保険労務士で人事コンサルタントである筆者が、自分のミスを他人のせいにする、言われたことしか行わないといった「問題社員」を採用しないで済むための選考の進め方を指南したもの。採用機会の少ない中小企業にとって、「問題社員」を採用してしまった場合の経営上の損失は計り知れない。「求める人材像」だけを頼りに選考を行っていては問題社員を排除できないため、「ほしくない人材要素」を徹底的に洗い出すようアドバイスしている。

 書類選考、面接、筆記試験など選考方法別に留意点を紹介。面接では、応募者の過去の行動を深く掘り下げて尋ね、筆記試験においては、入社後の仕事で想定される状況を出題し、対応を記述させることで、問題社員を見きわめやすくなるとした。

(松下直子 著、同文舘出版 刊、TEL:03-3294-1801、1500円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
平成24年8月13日第2884号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ