【今週の労務書】『働く人のこころのケア・ガイドブック』

2019.12.07 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

精神科産業医が指南

 メンタルクリニックで外来診療に携わる精神科医が、働く人全般に向けて著したQ&A集。産業医でもあり、復職職場支援プログラム=リワークの担当医でもあることから、職場事情を踏まえたアドバイスが平易かつ簡潔に語られる。元々は受診者や関係者へ手渡しているメモを一冊にまとめたとのことで、各種疾患の違いや不調時の注意点が誰にでも気軽に学べる。

 基本的には個人を読み手に想定しているが、内容自体は人事スタッフやマネージャー目線でも役立つ。周囲の悩みを率直に扱った項目として、「再発が早めに分かるサインは?」、「復職した同僚が個人的な相談をしてくるが、どう対処すれば……」といったものも。普及が進むリワークについては、現場の事情まで詳しく説明されている。

(福田真也著、金剛出版刊、TEL:03-3815-6661、2600円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
令和元年12月9日第3236号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ