建設業の労災2割増 防止めざして年末まで「緊急取組み」 菊池労基署

2019.11.29 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 熊本・菊池労働基準監督署は、建設業における休業4日以上の労働災害が2割増加したことを受けて「労働災害防止緊急取組み」を行う。期間は令和元年12月31日まで。管内の事業者団体などに対しては、労災防止に向けた取組み強化を要請した。

 「墜落・転落や転倒災害が増えている」(同労基署)として、具体的な対応を求めている。墜落・転落対策では、①足場・作業床などの確実な設置、②フルハーネス型安全帯などの墜落制止用器具の適切な選択と確実な使用、③店社における現場の安全衛生管理の徹底――などを求めた。

 転倒防止対策の柱は、①全ての作業場所・通路における段差や凹凸の解消、②適正な履物の選択・使用、③危険箇所の「見える化」――など。

あわせて読みたい

ページトップ