一時的に生じた開口部から労働者が墜落 建設業者を書類送検 山形労基署

2019.07.31 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 山形労働基準監督署は、平成31年3月に発生した労働災害に関連して、墜落防止対策を講じていなかった㈱大永建設(山形県山形市)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で山形地検に書類送検した。高所から墜落した同社労働者が、休業4日以上の怪我を負っている。

 労災は、山形市内の木造2階建て家屋の新築工事現場内で発生している。被災した労働者は地上からの高さ約3メートル付近で、建物内部2階吹抜け部分の窓の内枠を設置する作業に従事していた。

 同社は、建屋の梁に鋼製の歩み板を複数枚渡し、その上に合板を敷いて作業床としていたが、労災発生時は合板を取り外していた。結果的に開口部が生じていたため、防網を張るなどの墜落防止措置を講じる必要があったが、怠っていた。

【令和元年7月22日送検】

あわせて読みたい

ページトップ