岐阜の縫製業が技能実習生に賃金不払い 4人に185万円支払わず倒産 大垣労基署

2019.02.27 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 岐阜・大垣労働基準監督署は4人の中国人技能実習生に185万円の賃金を支払わなかったとして、㈱ブリリアント・F(岐阜県大垣市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで岐阜地検大垣支部に書類送検した。

 同社は婦人服の縫製業を営んでおり、中国人技能実習生を4人受け入れていた。取締役は平成30年2月21日~3月20日までと、4月21日~6月20日までの賃金を所定支払日に一切支払わなかった。不払い総額は185万4373円に上る。

 同社は30年7月21日に事業を停止し、破産申立準備に入った。不払いは資金繰りの悪化によるものとみられる。

 岐阜県内の縫製業による違反は後を絶たない。倒産により賃金が支払われないケースも多く、昨年6月にはカンボジア人技能実習生9人に賃金計330万円賃金を支払わなかった個人事業主、11月には中国人技能実習生6人に賃金計800万円を支払わなかった企業が送検されている。

【平成31年2月5日送検】

あわせて読みたい

ページトップ