【今週の労務書】『課題ごとに解決!健康経営マニュアル』

2018.05.26 【書評】

予防医学の知識盛る

 担当者に不足しがちな「予防医学」の基礎的な知識を盛り込みつつ、何から手を付ければ良いかを示した点にポイントがある。

 たとえばメンタルヘルス対策では、予防医学上の3次・4次予防に当たる職場復帰支援や、再発防止などに向けた治療と仕事の両立から取り組むべきと示した。うつ病などに発展すれば自殺やその未遂につながる恐れがあり、後回しにして良いという考え方はできないためだ。そのため、法的義務であり1次予防に相当するストレスチェックは、第一優先にならないとした。

 「健康経営を企業等で展開していく際には、やりっ放しにせず、堅実に効果を上げていくことをめざすべき」と断言。本気で取り組みたい人向けの実践的な一冊だ。

 (亀田高志著、日本法令刊、TEL:03-6858-6967、2500円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

掲載 : 労働新聞 平成30年5月28日第3162号16面

あわせて読みたい

ページトップ