【安全衛生・お薦めの一冊】『解体用機械に関する解説とQ&A―改正労働安全衛生法令・関係告示等関連―』

2014.01.01 【書評】

追加3機種を対象に

 昨年7月の労働安全衛生規則の一部改正により鉄骨切断機、コンクリート圧砕機、解体用つかみ機が車両系建設機械の解体用機械に追加され、法令上の新たな規制対象となった。これに伴い建設業労働災害防止協会からは「改正労働安全衛生規則等の解説」が、続いて「改正安衛則等の解説Ⅱ 鉄骨切断機等の新たな解体用機械に係る労働安全法令改正の解説及び問答(Q&A)」が発行になっている。また最新刊の「小型車両系建機運転者必携(整地等/解体用)特別教育テキスト」においても新機種の取扱いについて習得すべき知識と作業方法が解説されている。

 いずれも専門的・技術的事項を分かりやすく説明している点や、写真・イラストで理解を促しているところに特徴がある。これらをQ&Aにまとめた安衛則などの改正関係問答は、追加3機種を使用する関係者からの疑問に答えるかたちで規制のポイントを示しているだけに必読の部分。

(建設業労働災害防止協会編・同協会刊、TEL:03-3453-3391、B5判145、120、174ページ、税込1030、700、1000円)

掲載 : 安全スタッフ 平成26年1月1日第2201号

あわせて読みたい

ページトップ