【安全衛生・お薦めの一冊】『危険感受性を向上させる安全教育・安全対策』

2019.05.27 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

危険感受性を高めるには

 安全教育の課題のひとつとして挙げられる「危険感受性」。産業現場では、稼動中の機械に不用意に近づいて巻き込まれる、つり荷の下に入って落下した荷の下敷きになるなどの災害が頻発している。身近なところでは両手をふさいだまま自転車に乗って歩行者に激突した事故の背景にも危険感受性の低下が見られる。

 本書はこうした危険感受性の低下が引き起こす事故事例を紹介しつつ、グループディスカッションによる体験談の紹介、映像教材や実験によって危険を見せるなど危険感受性を高める具体的な手法を提案。毎日の作業前に行う危険予知活動や指差し呼称、声掛けといった基本的な安全活動の繰り返しも効果が期待できるという。

 設備の安全化が進む一方で、自ら危険に飛び込み、最悪な結果を招いてしまうケースは後を絶たない。危険感受性の向上は今後の安全教育の重要な視点だ。

(高木元也著、清文社刊、TEL:03-6273-7946、B5判、32ページ、200円+税)

清文社サイトで購入する

2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ