フォークリフト無資格運転 関連会社含め2社を書類送検 大牟田労基署

2018.02.09 【送検記事】

画像はイメージです

 福岡・大牟田労働基準監督署は、最大荷重1トン以上のフォークリフトを無資格者に運転させたとして、計2法人2社を労働安全衛生法第61条(就労制限)違反の容疑で福岡地検久留米支部に書類送検した。

 送検されたのは、プラスティック製品製造加工業の㈱ジェイ・イー・ジェイ(新潟県三条市)と福岡工場(福岡県大牟田市)の課長、およびジェイ社の関連会社で家庭用収納製品販売業の㈱アステージ(新潟県燕市)と商品部次長。

 同労基署は、平成29年にジェイ社が起こした休業4日未満の労働災害に関する調査を実施した際、同一事業場内で2社がそれぞれ無資格運転をさせていたことを突き止めている。

【平成30年1月16日送検】

あわせて読みたい

ページトップ