人手不足で違法残業 栃木県のラーメンチェーン店を書類送検 宇都宮労基署

2017.12.28 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労災請求から発覚

 栃木・宇都宮労働基準監督署は、時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)を締結することなく労働者に違法な時間外労働をさせていたとして、ラーメン店「満天屋」をチェーン展開している㈱満天フード(栃木県宇都宮市)と同社代表取締役社長を労働基準法第32条(労働時間)違反の容疑で宇都宮地検に書類送検した。

 違法残業の実態は、同社の「ゆいの杜店」で働く労働者が平成29年4月に健康障害を発症して労災請求をしたことから発覚した。その後の捜査で同社が28年9~11月、36協定を締結せずに1カ月当たり最長70時間の違法残業を行わせていたことが発覚している。労働時間は店舗に設置されたタイムカードのデータを本部で管理するシステムを採っていた。

 同労基署によると、「立件対象となった労働者、期間、店舗以外でも違法残業の実態があった」という。人手不足や営業時間の長さが長時間労働の原因となっていた。

【平成291211日送検】

あわせて読みたい

ページトップ