アルバイト労働者に違法な時間外労働を行わせ モンテローザを送検 刈谷労基署

2020.05.07 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知・刈谷労働基準監督署は、違法な時間外労働を行わせたとして、飲食業の㈱モンテローザ(東京都新宿区)と同社エリアマネージャーを、労働基準法第40条(労働時間及び休憩の特例)違反の疑いで名古屋地検岡崎支部に書類送検した。

 同社は平成2912月~30年1月、愛知県刈谷市にある同社の居酒屋で働く20代の男性アルバイト労働者1人に対し、36協定(時間外・休日労働に関する労使協定)を超える時間外労働を行わせた疑い。

 36協定は1カ月45時間で締結していた。最長で1カ月45時間をさらに超えて14時間52分、計59時間52分の時間外労働を行わせていた疑い。

 違反は定期監督の中で発覚した。同労基署によると、違反の理由として、人手不足だったことを挙げているという。

【令和2年3月23日送検】

あわせて読みたい

ページトップ