普通解雇か自主退職かが争われたあっせん事例

2016.02.29 【助言・指導 あっせん好事例集】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

普通解雇

申請の概要

 申請人X(労働者)は、物品販売業を行う事業場において7月27日より営業社員として勤務していたが、9月20日上司であるW主任から即時解雇の通告を受けた。

 翌日、代表取締役社長Yと話し合うべく出社したところ、Yはおらず、申請人の机、営業かばんなどの備品も処分されていた。

 以降、Xが解雇予告手当の支払いを要求したところ、Yが解雇事実はないとし、YはXとの話し合いを拒否した。

 解雇は突然のことでもあり、解雇予告手当の2倍相当額の和解金の支払いを求めあっせんの申請を行った。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ