【今週の労務書】『元厚生労働事務官が解説する 労災保険実務標準ハンドブック』

2015.07.27 【書評】

事例挙げ認定の有無示す

Amazonにリンクします

 本書は、労災保険制度について、企業の人事労務担当者や保険担当者向けに分かりやすく解説したもの。

 適用事業の考え方から保険料の仕組み、業務災害・通勤災害の認定のポイント、給付内容および給付請求書の書き方、不服申立ての手続きに至るまでをQ&A形式を用いながら紹介している。

 災害の認定については、採用内定者の入社前研修中の災害や時間外に行われた社内行事での災害など様ざまな事例を挙げ、各事例が業務災害や通勤災害に該当するかどうかの考え方を示した。

 近年増加傾向にある精神障害の認定要件も重点的に解説。要件の一つである「時間外労働」の長さを把握するために労働基準監督署が実施する調査の手順まで明らかにしている。

(高橋健著、日本法令刊、TEL:03-6858-6967、3600円+税)

掲載 : 労働新聞 平成27年7月27日第3026号16面

あわせて読みたい

ページトップ