【今週の労務書】『生産性マネジャーの教科書』

2017.10.14 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

部下の支援は非均等に

Amazonにリンクします

 生産性マネジャーとは、現実的な目標を掲げ、それをどのようにすれば実現できるか考え、メンバーの意見・モチベーション・行動計画を引き出す「実」を上げる人を指す。それが社員一人ひとりの充実感や会社の実績につながると、筆者は提唱している。

 ホワイトカラーの生産性向上を実現するために必要な7つの逆転の発想を示しており、1つに「部下支援を均等に行ってはいけない」を挙げる。理由として、仮に同じような目標を持っている部下に対して、同じ情報・知識・経費を費やしても、出てくる成果はバラバラだからとする。成果までのプロセスが部下によって異なるためとし、OJTの必要性を説く。

 部下を4タイプに分け、それぞれの特徴や効果的な指導方法も提案する。

(川村庸子、本間正人著、クロスメディア・パブリッシング刊、TEL:03-5413-3140、1480円+税)

平成29年10月16日第3132号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ