【今週の労務書】『成果を上げながら「残業ゼロ」で帰れるチームのつくり方』

2017.08.05 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

商談と並行し見積書作成

Amazonにリンクします

 残業に対する世の中の目が厳しくなるなか、「何か対策を打ちたいがヒントが欲しい」という経営者の役に立つのが本書。著者の会社に加え、21企業の事例を紹介する。

 企業事例は、7つの中項目、83個の小項目に分け、基本的に見開き2ページで解説。目次をみて、気になる箇所を参照するのに向いている。たとえば、管理職に9日の連続休暇をあえて取得させ代理者に仕事を任せることで、同管理職とは違った視点から「ムダ」を可視化させる取組みなどが掲載されている。

 タブレットを活用し、営業先で商談しつつ見積書を作成できるようにしたり、アプリケーションを用いて情報共有を図るなど、IT活用方法が豊富に紹介されているのも特徴である。

(小山昇著、宝島社刊、TEL:03-3239-0926、1300円+税)

平成29年8月14日第3124号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ