【今週の労務書】『図解 3ステップでできる 小さな会社の人を育てる「人事評価制度」のつくり方 CD-ROM付』

2015.11.09 【書評】

全社員が目標を共有

Amazonにリンクします

 本書は、経営計画書を人事評価制度に落とし込んで人材育成に結びつける仕組みとして筆者が提唱する「ビジョン実現型人事評価制度」の導入方法を解説するもの。

 同制度を運用すれば、全社員が目標を共有し、理想の人物像に向かって成長していく組織を作れると指摘している。

 制度導入の第1ステップには、自社の経営理念・ビジョンのほか、5年後の社員人材像とその人材像を実現するための課題をまとめた「ビジョン実現シート」の作成を挙げた。

 第2ステップでは、課題などを踏まえて評価の基準・制度を作り上げていくとした。

 制度構築後の運用が成否を分けるとしており、評価者側の態勢整備や評価結果のフィードバック、新たな目標設定のポイントなども丁寧に解説している。

(山元浩二著、あさ出版刊、TEL:03-3983-3225、1600円+税)

掲載 : 労働新聞 平成27年11月9日第3040号16面

あわせて読みたい

ページトップ