熊本城天守閣復旧の整備工事現場へ安全パト 墜落対策などを確認 熊本労働局

2017.08.08 【監督指導動向】

 熊本労働局は、7月1週目の「全国安全週間」に合わせて、昨年4月の熊本地震で被害を受けた熊本城天守閣の復旧整備工事現場(施工業者=㈱大林組九州支店)へ安全パトロールを実施した。

 同現場への安全パトロールは今年2月に続いて2度目。足場からの墜落や、クレーンからの荷の落下対策について重点的に見回った。パトロール後の講評では「きちんと対応ができている」と担当者が話している=写真

熊本県内では、地震後の災害復旧および復興工事現場において死傷者数が143人にのぼるなど労働災害が増加傾向にある。

あわせて読みたい

ページトップ