職業能力診断ツール「ポータブルスキル見える化ツール」を提供中(厚労省)

2022.04.23 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

キャリアコンサルタント向けのマニュアルと映像教材も合わせて提供

 厚生労働省は、ホワイトカラー職種のミドルシニア層対象に、ポータブルスキル※を測定し、それを活かせる職務や職位を提示する「ポータブルスキル見える化ツール」を開発した。先月の3月4日から提供を開始している。

 このツールでは、15分程度の入力で出てくる診断結果をもとに、利用者の持ち味を活かすことができる職務や職位を確認することができる。自身では気付くことが難しい強みを発見し、キャリア形成やキャリアチェンジの可能性を広げるサポートをする。

 さらに、このツールの提供に合わせて、キャリアコンサルタントなどの支援者が、ホワイトカラー職種のミドルシニア層の求職者・相談者等に相談支援を行う際に、このツールを活用しやすくするためのマニュアルと映像教材を、厚生労働省ホームページに掲載した。

 ポータブルスキルとは、業種や職種が変わっても強みとして発揮できる持ち運び可能な能力(一般社団法人人材サービス産業協議会(JHR)が開発)。

▼ツールについての詳細はこちらをご覧ください。

ご自身の強みを約15分で診断できるホワイトカラー対象の職業能力診断ツール「ポータブルスキル見える化ツール」を提供中
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_25313.html

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。