令和3年「就労条件総合調査」結果―年休取得率は過去最高の56.6%(厚労省)

2021.11.10 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、令和3年11月9日、令和3年「就労条件総合調査」の結果を取りまとめた。

 「就労条件総合調査」は、我が国の民間企業における就労条件の現状を明らかにすることを目的としている。対象は、常用労働者30人以上の民営企業で、6,411社を抽出して令和3年1月1日現在の状況等について1月に調査を行い、4,013社から有効回答を得た。

調査結果のポイントは以下の通り。

1 年次有給休暇の取得状況(令和2年(または平成31(令和元)会計年度))

 年間の年次有給休暇の労働者1人平均付与日数 17.9日(前年調査18.0日)
 うち、平均取得日数 10.1日(同10.1日)
 平均取得率 56.6%(同56.3%)[昭和59年以降過去最高]

2 労働費用(令和2年(または平成31(令和元)会計年度))

 常用労働者1人1か月平均労働費用総額 408,140円(前回(平成28年)調査 416,824円)
 うち、現金給与額 334,845円(同337,192円)
 現金給与以外の労働費用 73,296円(同79,632円)

▼詳しくはこちらをご覧ください。

令和3年就労条件総合調査 結果の概況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/21/index.html

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。