令和3年度「地域雇用活性化推進事業」の採択地域に13地域を決定(厚労省)

2021.08.31 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚労省は、「地域雇用活性化推進事業」(令和3年度開始分)の採択地域に、13地域を決定した。

 「地域雇用活性化推進事業」では、雇用機会が不足している地域や過疎化が進んでいる地域などが、地域の特性を生かして「魅力ある雇用」や「それを担う人材」の維持・確保を図るために創意工夫する取組を支援する。地方公共団体の産業振興施策や各府省の地域再生関連施策などと連携した上で、地域独自の雇用活性化の取組が実施される。

 採択地域では、令和3年10月から事業が開始される予定である。

 採択地域は、以下の通り。

1.北海道小樽市
2.北海道釧路北部地域
3.山形県南陽市
4.栃木県益子町
5.滋賀県高島市
6.京都府和束町
7.大阪府豊中市
8.広島県呉市
9.福岡県嘉麻市
10.佐賀県佐賀市
11.佐賀県武雄市
12.宮崎県日向市
13.沖縄県宮古島市

▼詳しくはこちらをご覧ください。

令和3年度「地域雇用活性化推進事業」の採択地域に、13地域を決定しました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_20607.html

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。