2012年7月配信の労働関連コラム

2012.07.23 【社説】
【主張】求職支援制度の周知不足に異議

 厚生労働省では、雇用保険を受給できない求職者に対して、職業訓練によるスキルアップを通じ、早期就職をめざすため、「求職支援制度」を設けている。このほど平成23年度の同制度による就職状況をまとめた。23年度といっても24年1月末に終了した訓練の3カ月後における速報値だから、全体像を示しているわけではない。  訓練にはパソコン操作などの基礎コ……[続きを読む]

2012.07.23 【社労士プラザ】
医療福祉の職場風土改善へ/HR&C経営労務管理事務所 山田芳子

 開業11年、東京都日野市にて、医療福祉特化の人事労務コンサルティング事務所として、事業展開している。今年4月の介護保険法改正に伴い、3月に「図解でわかる介護保険・介護報酬の改正ガイド」も出版した。就業規則・諸規程の整備や、キャリアパスなど人材育成システム構築といった助成金提案も含めたコンサルティングを行っている。メンタルヘルス、解雇案件……[続きを読む]

2012.07.23 【書評】
【今週の労務書】『「残業ゼロ!ミスゼロ!」の給与計算事務 本当のプロだけが知っている37のコツ』

37の「プロのコツ」伝授  本書は、給与計算の担当者向けに、仕事がはかどる37のコツを伝授する実務指南書。  前半のステップ1からステップ4で給与計算の基本ルールを説明し、後半のステップ5からステップ7で、給与計算をミスなく速くこなすための仕組みづくりやイレギュラーな処理が必要なときの対応方法を解説している。  図を多用し、給与計算のイメ……[続きを読む]

2012.07.16 【社説】
【主張】高止まりの労基法違反率を嘆く

 厚生労働省がまとめた「平成23年定期監督等実施結果」によると、労働基準法や労働安全衛生法などの違反率は67.4%に達している(本紙6月25日号2面参照)。  労働法学会の泰斗だった山本吉人法政大学元教授が、81年冬季の「季刊労働法」に寄稿した「労働基準監督行政の理念と課題」論文の中で「監督実施事業場において、この数年常に60%台の違反が……[続きを読む]

2012.07.16 【社労士プラザ】
相談・助言で地域に貢献/いぶすき労務管理事務所 上岡 ひとみ

 私は、南の鹿児島市をさらに40キロメートル南下した指宿市という町で社会保険労務士事務所を開いている。独立前の勤務期間を入れると早10年目に入った。  九州新幹線開通の影響もあり、わが町・わが県は例年より多くの観光客に来ていただき、にぎわいをみせている。また、コンビニや家電などの大手チェーン店も進出してきている。社労士事務所勤めを始めたと……[続きを読む]

ページトップ