『農業』の労働関連コラム

2020.03.01 【社労士プラザ】
農業の働き方改革/田中章公社会保険労務士事務所 田中 章公

 このところ、国の様ざまな事業のお陰で農業に携わる経営者の方々とかかわる機会が増えてきている。そこで、「農業の働き方改革」に触れてみたいと思う。  日本の農業には沢山の問題があり、離農や高齢化による担い手不足、耕作放棄地の拡大、海外の安価な農産物の輸入による影響など多岐にわたる。これらの問題から「農業は衰退産業だ」と思っている人は多く、い……[続きを読む]

2019.10.09 【送検記事】
ショベルを無資格運転させて送検 死亡墜落災害から発覚 菊池労基署

過去にも無資格運転で是正勧告  熊本・菊池労働基準監督署は、平成30年8月に発生した死亡労働災害に関連して、労働者にトラクター・ショベルを無資格運転させていた農事組合法人大塚牧場(熊本県阿蘇郡西原村)と同法人部長を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の容疑で熊本地検に書類送検した。  労災は、同法人の牧場で発生した。系列グループ会社に所……[続きを読む]

2019.08.27 【Web限定ニュース】
技能実習生が1万人超える 北海道・平成30年受入れ状況

今後も拡大路線継続か  北海道は、平成30年の外国人技能実習制度にかかる受入れ状況調査結果を公表した。技能実習生の数は前年から約1500人増えて1万人を超えている。  調査は平成31年1~2月に実施した。「受け入れている」とした企業や監理団体の合計128団体の回答をまとめている。回答した団体の内訳は、協同組合94件、農協17件、企業5社な……[続きを読む]

2019.07.24 【監督指導動向】
「熱への順化期間の設定」などに遅れ 熱中症対策・自主点検結果 栃木労働局

 栃木労働局が実施した熱中症予防対策に関する自主点検結果で、「熱への順化期間(体を慣らす7日以上の期間)の設定」といった項目で遅れがみられていることが分かった。  調査したのは14項目で、「はい・いいえ」の2択形式で質問している。  9割以上の事業場が取り組んでいる項目は、計6項目だった。具体的には、「WGBT基準値を超える場所でやむを得……[続きを読む]

2019.07.23 【送検記事】
農業法人 定期賃金166万円不払い 年休取得日の賃金14万円も支払わず 常総労基署・送検

 茨城・常総労働基準監督署は、定期賃金を全額支払わなかったとして、㈱オール・アグリーム(茨城県坂東市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で水戸地検下妻支部に書類送検した。労働者が取得した年次有給休暇に支払うべき賃金を支払っていなかった疑いで、労働基準法第39条(年次有給休暇)でも処分している。  同社は、農産物……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ