『裁判』の労働関連コラム

2020.12.30 【よく読まれた記事】
緊急開催!「同一労働同一賃金」最高裁判例の解説と実務対応【2020年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 緊急開催!「同一労働同一賃金」最高裁判例の解説と実務対応 2020年11月05日掲載【セミナー動画】 2020年10月30日に開催された「緊急開催! 「同一労働同一賃金」最高裁判例の解説と実務対応」のセミ……[続きを読む]

2020.12.29 【よく読まれた記事】
5つの待遇格差を不合理と認定 日本郵便事件で最高裁判決【2020年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2020年10月15日掲載【労働新聞】  最高裁判所は10月15日、日本郵便の時給制契約社員計14人が、正社員との間の手当や休暇制度に関する格差を不服として訴えた3つの裁判で、扶養手当など5つの待遇差を不……[続きを読む]

2020.12.29 【よく読まれた記事】
旧労契法20条 最高裁が5つの裁判で弁論 高裁判決覆る可能性【2020年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2020年8月20日掲載【労働新聞】  最高裁判所は、非正規労働者と正規労働者の待遇格差が問題となり、旧労働契約法第20条(不合理な労働条件の禁止)の適否が争点となった5つの事件について、9月に弁論を開く……[続きを読む]

2020.11.01 【社労士プラザ】
労使紛争の早期解決へ/社会保険労務士法人 今井人事労務事務所 今井 憲之

 労使紛争への社労士のかかわりについて私見を記述する。  一般的に労使紛争といえば、弁護士がかかわるものだと考えられている。ならば社労士はどうなのか。  裁判に至った場合は弁護士しか、かかわることができず、当然社労士は原則かかわることができない。しかし、裁判に移行する前の労使紛争においては社労士のかかわりが弁護士以上に必要と考える。  そ……[続きを読む]

2020.10.29 【社説】
【主張】5判例で方向性明らかに

 最高裁判所は、大阪医科薬科大学事件とメトロコマース事件に引き続いて、各種手当などの支給格差の不合理性を認定した日本郵便事件判決を下した=関連記事。賞与や退職金の支給格差については、「有為人材確保論」を採用したが、日本郵便事件では、手当ごとの支給要件や趣旨を重視して個別判断した結果、いずれの格差も不合理と判示している。厚生労働省の「同一労……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ