『裁判』の労働関連コラム

2021.08.13 【よく読まれた記事】
留学費用 3000万円の返還命じる 帰国後すぐに退職 東京地裁【2021年上半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2021年に掲載した記事で、2021年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2021年3月4日掲載【労働新聞】  みずほ証券㈱(東京都千代田区、飯田浩一取締役社長)が、社内公募制度で海外留学した労働者に留学費用の返還を求めた裁判で、東京地方裁判所(天田愛美裁判官)は同社の請求をす……[続きを読む]

2021.03.25 【社説】
【主張】留学費貸与制度の点検を

 本紙報道(令和3年3月8日号3面)によると、東京地裁は、みずほ証券事件で、海外留学直後に同業他社へ転職した労働者に対する合計3000万円を上回る損害賠償請求を認めた。  近年の経済グローバル化の進展で、労働者の海外留学・海外研修の機会が増大しており企業は十分吟味すべき裁判例といえる。労働基準法第16条の「賠償予定の禁止」に当たるかどうか……[続きを読む]

2020.12.30 【よく読まれた記事】
緊急開催!「同一労働同一賃金」最高裁判例の解説と実務対応【2020年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 緊急開催!「同一労働同一賃金」最高裁判例の解説と実務対応 2020年11月05日掲載【セミナー動画】 2020年10月30日に開催された「緊急開催! 「同一労働同一賃金」最高裁判例の解説と実務対応」のセミ……[続きを読む]

2020.12.29 【よく読まれた記事】
5つの待遇格差を不合理と認定 日本郵便事件で最高裁判決【2020年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2020年10月15日掲載【労働新聞】  最高裁判所は10月15日、日本郵便の時給制契約社員計14人が、正社員との間の手当や休暇制度に関する格差を不服として訴えた3つの裁判で、扶養手当など5つの待遇差を不……[続きを読む]

2020.12.29 【よく読まれた記事】
旧労契法20条 最高裁が5つの裁判で弁論 高裁判決覆る可能性【2020年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2020年8月20日掲載【労働新聞】  最高裁判所は、非正規労働者と正規労働者の待遇格差が問題となり、旧労働契約法第20条(不合理な労働条件の禁止)の適否が争点となった5つの事件について、9月に弁論を開く……[続きを読む]

ページトップ