『虚偽報告』の労働関連コラム

2020.04.27 【送検記事】
技能実習生に1カ月100時間残業 36協定の限度時間越えで送検 米子労基署

労働時間を過少に記載した虚偽の帳簿書類提出も  鳥取・米子労働基準監督署は、時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)の限度時間を超えて違法残業をさせたとして、水産食料品製造業の㈱ダイマツ(鳥取県米子市)と同社元生産統括本部生産部課長を労働基準法第32条(労働時間)違反の容疑で鳥取地検米子支部に書類送検した。  同社は平成31年2月、ベ……[続きを読む]

2020.02.19 【送検記事】
フォークリフトに轢かれたのに「階段から落ちた」 虚偽報告で書類送検 中之条労基署・運輸業者を

 群馬・中之条労働基準監督署は、虚偽の内容を記した労働者死傷病報告書を提出したとして、群北運輸㈱(群馬県吾妻郡嬬恋村)と同社取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で前橋地検に書類送検した。平成29年7月、同社倉庫で労働者が荷卸し作業中にフォークリフトと接触して4日以上休業する労働災害が発生していた。  同社は労災発生から約2……[続きを読む]

2019.07.22 【送検記事】
監督官への虚偽報告で運送会社を送検 運転時間を短く改ざん 倉吉労基署

 鳥取・倉吉労働基準監督署は労働基準監督官に虚偽の報告をしたとして、倉吉運送㈱(鳥取県東伯郡)と同社の代表取締役を労働基準法第104条(報告等)違反などの疑いで鳥取地検に書類送検した。  同社は一般貨物運送業を営んでいる。同労基署は平成31年2月と4月に臨検監督をし、自動車運転業務に従事する1人の労働者の労働時間を短くするよう是正勧告をし……[続きを読む]

2019.06.24 【送検記事】
労災発生場所を虚偽報告して書類送検 自首から発覚 姫路労基署

 兵庫・姫路労働基準監督署は、虚偽の内容を記した労働者死傷病報告を提出したとして、土木工事業の㈱濱中技建(兵庫県姫路市)と同社工事部長を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で神戸地検に書類送検した。平成29年10月に発生した労働災害について、発生場所を偽った報告をしている。  労災は、同社が1次下請として入場していた兵庫県赤穂市内……[続きを読む]

2019.06.10 【送検記事】
技能実習生が1カ月以上の重症を負う労災 虚偽報告で産廃業者を送検 鳴門労基署

 徳島・鳴門労働基準監督署は、虚偽の内容を記した労働者死傷病報告を提出したとして、産業廃棄物処理業の㈱サンパイ(徳島県徳島市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で徳島地検に書類送検した。平成30年5月、徳島県板野郡内にある同社工場において、技能実習生が1カ月以上の休業をする労働災害が発生していた。  被災した技……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ