『虚偽報告』の労働関連コラム

2022.06.13 【送検記事】
割増賃金不払いの是正報告書に「支払った」と虚偽記載 タクシー会社を送検 磐田労基署

 静岡・磐田労働基準監督署は、不払いを指摘された最低賃金・割増賃金について、「支払った」という虚偽の内容を記載した是正報告書を提出したとして、袋井タクシー㈱(静岡県袋井市)と同社常務取締役を労働基準法第104条(報告等)違反の疑いで静岡地検浜松支部に書類送検した。  同社は令和3年5月27日と同年6月15日に提出した是正報告書において、実……[続きを読む]

2022.04.19 【送検記事】
「労災なかった」と報告 建設業者を送検 久留米労基署

 福岡・久留米労働基準監督署は、労働基準監督官に対して虚偽報告をしたとして、濱崎建設㈱(福岡県久留米市)と同社工事部課長を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で福岡地検久留米支部に書類送検した。  同社は令和2年10月に河川維持工事で発生した、下請労働者が被災した労災に関連して虚偽報告をした疑い。具体的には同年12月8日、労働基準……[続きを読む]

2022.02.26 【送検記事】
時間外上限規制超えて働かせて送検 虚偽報告・割賃未払いも 宮崎労基署

月間最長残業時間は121時間  宮崎労働基準監督署は、時間外労働の上限規制を超えて働かせたうえ、臨検の際に虚偽の内容を記載した労働時間管理簿を提出し、割増賃金を適正に支払わなかった建築サービス業者を送検した。労働者1人は時間外労働が月100時間を超え、別の労働者は時間外労働の3カ月間の平均が80時間以上となっていた。  送検したのは設計や……[続きを読む]

2021.05.17 【送検記事】
虚偽の労働者死傷病報告を提出 1次下請の安全課長と機械設置業者送検 京都上労基署

 京都上労働基準監督署は、虚偽の労働者死傷病報告を提出したとして、3次下請である機械設置業の㈱八丸(京都府京都市)と同社代表取締役、および1次下請会社の安全課担当課長を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで京都地検に書類送検した。労働者が作業中に足を踏み外して転倒し、右膝前十字靭帯を損傷する労働災害が発生している。  災害は平成3……[続きを読む]

2021.01.27 【送検記事】
労災現場と日付を虚偽報告 土木工事業者を送検 北大阪労基署

 北大阪労働基準監督署は、虚偽の労働者死傷病報告を提出したとして、土木工事業を営む「和建」の個人事業主(大阪府四条畷市)を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。労働者が転倒して肉離れを起こし、2週間以上休業している。  災害は令和元年7月31日、京都府南丹市で発生した。山奥の電波アンテナ解体工事現場に向かう……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。