フォークリフトに轢かれたのに「階段から落ちた」 虚偽報告で書類送検 中之条労基署・運輸業者を

2020.02.19 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 群馬・中之条労働基準監督署は、虚偽の内容を記した労働者死傷病報告書を提出したとして、群北運輸㈱(群馬県吾妻郡嬬恋村)と同社取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で前橋地検に書類送検した。平成29年7月、同社倉庫で労働者が荷卸し作業中にフォークリフトと接触して4日以上休業する労働災害が発生していた。

 同社は労災発生から約2カ月後、「労働者が階段から落ちて負傷した」との内容で報告した疑い。同労基署によると、「運転していた労働者が、フォークリフトの免許停止になるのではないかと思った。ベテランだったので辞められると困る」などと考えて、虚偽の報告をしたという。

 被災した労働者からの相談で違反が発覚した。

【令和2年2月4日送検】

あわせて読みたい

ページトップ