虚偽の労働者死傷病報告を提出 1次下請の安全課長と機械設置業者送検 京都上労基署

2021.05.17 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 京都上労働基準監督署は、虚偽の労働者死傷病報告を提出したとして、3次下請である機械設置業の㈱八丸(京都府京都市)と同社代表取締役、および1次下請会社の安全課担当課長を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで京都地検に書類送検した。労働者が作業中に足を踏み外して転倒し、右膝前十字靭帯を損傷する労働災害が発生している。

 災害は平成30年4月25日、京都市の美術館再整備工事現場で発生した。代表取締役と1次下請の担当課長は共謀し、八丸の資材置場で災害が発生したとする虚偽の労働者死傷病報告書を提出した疑い。

【令和3年3月30日送検】

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。