『留学生』の労働関連コラム

2020.05.23 【書評】
【今週の労務書】『知識ゼロからの外国人雇用』 

雇用理由書は詳細に明記  本書は、外国人の人材派遣会社を経営する著者に、在留資格の申請に特化した申請取次行政書士が監修協力し、外国人を雇用する際の手順を解説したもの。在留資格ごとに異なる職種範囲の解説や各機関への採用後の書類申請での工夫を中心としている。  4年制大学を卒業した留学生を採用する場合は、高度な知識や技術を必要とする職場で就労……[続きを読む]

2019.12.14 【書評】
【今週の労務書】『超人材難時代を生き残るダイバーシティ戦略 外国人労働者活用術』

各種受入れ方法紹介  人材売り手市場のなか、中小企業は採用に苦戦を強いられている。本書は、人手不足にあっても課題の多さから敬遠されがちな外国人労働者の活用術を解説したもの。  大きな問題として企業と外国人材とのミスマッチを挙げた。人手不足の穴埋めとして単純労働のみを行わせるのではなく、会社が求める優秀な人材に育成することが重要としている。……[続きを読む]

2019.09.02 【Web限定ニュース】
不法就労助長罪で飲食店店長を送検 資格外活動の条件超え働かせる 静岡中央署

 静岡中央警察署は8月20日、今年2~5月までの間、静岡市内の飲食店で外国人2人を資格外活動の条件を超えて働かせ、不法就労させたとして、三島市内に所在する会社と飲食店店長の男性を出入国管理法第第73条の2(不法就労助長罪)違反の疑いで送検した。  「留学」の在留資格は就労が認められていないが、資格外活動の許可を出入国管理庁から得ることで、……[続きを読む]

2019.06.04 【Web限定ニュース】
在留資格や社会保障の見直しを 関経連が多様な人材で提言

 関西経済連合会は、「多様な人材の柔軟な働き方を実現する雇用のあり方」に関する提言を取りまとめた。2025年の国際博覧会に向け、建設業などにおいて労働力需要の高まりが見込まれるとして、「外国人労働者の受入れ拡大は避けて通れない」とした。政府に対し、日本語教育や住居手配なども含め、受け入れた外国人材が働きやすく暮らしやすい環境を、自治体と連……[続きを読む]

2018.06.06 【Web限定ニュース】
外国人留学生採用が盛況 国内就職10年で3倍 国による採用支援も充実

 人手不足が深刻化するなか、外国人留学生の採用が盛り上がりをみせている。日本に就職する留学生は平成17年に5878人だったが、28年には1万9435人に増加した。少子高齢化が進み、若手確保に苦慮する企業から留学生に熱い視線が向けられている。 5月21日に埼玉労働局が開催した留学生雇用セミナーには、採用を検討する企業55社・74人が集まった……[続きを読む]

ページトップ