『作業主任者』の労働関連コラム

2020.07.29 【送検記事】
18歳のアルバイトが勤務初日に轢かれて死亡 立入り禁止措置怠った製材業者を送検 玉名労基署

平成28年にも安衛法違反で処分  熊本・玉名労働基準監督署は、危険防止措置を講じていなかったとして製材業の松本㈱(熊本県荒尾市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いで熊本地検に書類送検した。18歳のアルバイト労働者がホイールローダーと接触し、死亡する災害が起きている。労働者はアルバイト初日だった……[続きを読む]

2020.02.12 【送検記事】
化学物質 ホッパーへの転落労災で書類送検 丈夫な柵など設けず 西脇労基署

作業主任者の違反も  兵庫・西脇労働基準監督署は、ホッパーへの転落を防ぐための高さ75センチ以上の丈夫な柵を必要な箇所に設けなかったとして、㈱ソーラー(兵庫県神戸市)と同社工場長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で神戸地検に書類送検した。令和元年5月、労働者がホッパー内に転落して死亡する労働災害が発生している。……[続きを読む]

2020.01.06 【送検記事】
コンクリート壁の下敷きに 作業主任者不在で送検 川崎南労基署

 神奈川・川崎南労働基準監督署は、コンクリート壁を削る「はつり作業」において、法令に基づいて選任した作業主任者に作業の直接指揮をさせなかったとして、土木工事業の㈱川崎建設(川崎市川崎区)と同社工事部長を労働安全衛生法第14条(作業主任者)違反の疑いで横浜地検川崎支部に書類送検した。  同社は、平成31年2月27日に高さ約15メートルの鉄筋……[続きを読む]

2019.10.18 【送検記事】
コンベヤー解体中に墜落事故 作業主任者の不選任で送検 川崎南労基署

 神奈川・川崎南労基署はベルトコンベヤー解体中に労働者が10メートルの高さから墜落し重傷を負った労働災害で、㈱三宅建設(神奈川県横浜市)と同社の代用取締役を労働安全衛生法第14条(作業主任者)違反の疑いで横浜地検川崎支部に書類送検した。  労働災害は平成30年10月7日に、神奈川県川崎市内のコンクリート製造工場で起きた。同社は工場に常駐し……[続きを読む]

2019.09.18 【送検記事】
運送業者 作業主任者を選任せずに書類送検 廃プラ崩れて頚椎負傷の労災で 古河労基署

 茨城・古河労働基準監督署は、積まれた荷を取り崩す「はい崩し作業」を労働者にさせる際に作業主任者を選任しなかったとして、道路貨物運送業の㈲リプラテック(茨城県古河市)と同社取締役を労働安全衛生法第14条(作業主任者)違反の容疑で水戸地検下妻支部に書類送検した。令和元年5月、同社労働者が頸部を負傷して4日以上休業する労働災害が発生している。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ