高齢者が働きやすい職場環境 徳島労働局が事例収集

2017.02.08 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 徳島労働局は、高年齢労働者の労働災害防止対策に力を入れている。このほど、高齢者が働きやすい職場環境づくりの事例を集めるキャンペーンを開始し始めており、好事例集として一まとめにして水平展開を図る方針だ。

 少子高齢化が進むなか、同労働局は「経験に裏付けされた豊富な知識と技術を有するベテラン社員が少しでも長く働くことのできる職場環境づくりは、労働力確保に不可欠」と指摘。高齢者が働きやすい職場は、若者をはじめとして誰もが安心・安全に働けるとし、生産性向上や労災防止対策にも効果的としている。

 このため、実際に高齢者が働きやすい職場の取組みを収集するキャンペーンを平成29年1月からスタートした。業種にかかわらず、転倒防止、腰痛予防、墜落防止といった労災防止に向けて効果のあった対策を、自薦・他薦問わずに募集を受け付ける。

 事務局(問合せ先)は徳島労働局労働基準部健康安全課(088-652-9164)で、3月15日まで受け付ける。

あわせて読みたい

ページトップ