労働者が右足骨折 4カ月休業も労災死傷病報告提出せず 建設業者を送検 苫小牧労基署

2020.12.07 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道・苫小牧労働基準監督署は、労働者死傷病報告書を遅滞なく提出しなかったとして建設業の㈱拓誠建設(北海道白老郡)と同社取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反などの疑いで苫小牧区検に書類送検した。労働者が右足を骨折し、約4カ月間休業している。

 災害は令和2年3月5日、北海道厚真町の建設工事現場で発生した。オペレーターが建設機械のアタッチメントであるグラップルで鉄板を持ち上げ、被災者がスコップで鉄板上の泥を掻き出していた。グラップルが外れて鉄板ごと落下し、被災者の右足に直撃して怪我を負ったにもかかわらず、同社は死傷病報告を提出しなかった疑い。

【令和2年12月1日送検】

あわせて読みたい

ページトップ