1割強で法令違反 滋賀労働局 令和2年・最低賃金関係の監督結果

2020.11.08 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 滋賀労働局は、令和2年1~3月に実施した最低賃金の履行確保を主眼とした監督結果を公表した。対象320事業場のうち、11.6%に当たる37事業場で最低賃金法違反が発覚している。

 業種別に違反した事業場の件数をみると、商業で11事業場、製造業で9事業場、接客娯楽業で6事業場――などとなっている。

 最低賃金を支払っていなかった理由としては、「最低賃金の改正を知っていたが、賃金額を改正していなかった」が18件で最も多い。「賃金を時間換算して比較していなかった」は6件、「適用される最低賃金を知らなかった」は5件となっている。

あわせて読みたい

ページトップ