【安全衛生・お薦めの一冊】『建設業における知って得する「示談」の進め方』

2020.08.27 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Q&Aで分かりやすく

 示談を経験したことのあるベテランが少なくなった。ノウハウが引き継がれないまま担当者となり、困っているという声を聞く。「知っている」と「知らない」では、交渉結果が大きく違うので知識の習得が必要だ。

 本書は平成19年に初版が発行されたが、本年4月の民法改正に伴い改訂をしたもの。示談の経験が少ない人に分かりやすいようQ&A方式で解説。「交渉のタイミングはいつがいいのでしょうか」「慰謝料を支払う基準はありますか」など41の質問に答えている。

 例えば「死亡被災者の兄弟から慰謝料を支払えと言われましたが」という問いに対しては「兄弟が被災者に介護されていた等の特殊な事情がない限り、支払わないのが普通です」と簡潔に解答したうえで、死亡の場合は誰に払うかなど詳細に解説している。

 巻末には、損害賠償額算定基準や労災保険給付一覧表などの参考資料が掲載されており、役立つ。

(建設安全衛生研究会編、労働新聞社刊、03-3956-3151、B5判、176ページ、2000円+税)

弊社サイトで購入する

関連キーワード:
2020年9月1日第2361号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ