「合図」を周知せず書類送検 林業で死亡労災 函館労基署

2020.07.01 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道・函館労働基準監督署は、平成31年3月に発生した死亡労働災害に関連して、山越郡森林組合(北海道二海郡八雲町)と同法人業務課長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で函館地検に書類送検した。

 同法人は、労働者に立木の伐木作業を行わせる際、伐倒に関する一定の合図を関係労働者に周知していなかった疑い。さらに、労働者に合図を行わせず、他の労働者が退避したことを確認させずに伐倒をさせていた。

 その結果、労働者が伐倒した立木が他の労働者の頭部に激突している。

【令和2年5月14日送検】

あわせて読みたい

ページトップ