労働者が高さ10メートルから墜落死 歩み板設けず 建設業者送検 東大阪労基署

2020.06.19 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東大阪労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、建設業の㈱北浦板金(大阪府八尾市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いで大阪地検に書類送検した。労働者1人が墜落し、死亡する災害が起きている。

 労災は平成301121日、大阪府八尾市の工場建屋の屋根補修工事で起きた。スレート材で葺かれた屋根の補修作業を行っていた労働者がスレート材を踏み抜き、10.3メートルの高さから墜落して死亡した。同社は作業時に歩み板を設けていなかった疑い。防網も一部にしか張っていない状態だった。

 同労基署によると、同社は違反の理由として、期日が迫っていたために施工を急いでしまったことを挙げている。

【令和2年5月22日送検】

あわせて読みたい

ページトップ