事業を譲渡と虚偽陳述 個人事業主を送検 東大阪労基署

2018.03.20 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東大阪労働基準監督署は、労働基準監督官に虚偽の陳述をしたとして、紙製品の組立てなどを行う個人事業主である禅夢コーポレーション(大阪府大東市)の代表者を労働基準法第101条(労働基準監督官の権限に関する規定)違反で大阪地検に書類送検した。

 平成29年4月、労働者から賃金不払いの申告を受け、同労基署の監督官が臨検したところ、代表者は、「事業を別企業に譲渡し、労働者を雇用する経営者でなくなった」と虚偽の陳述をした。実際には、事業を継続し、労働者も雇用していた。

 29年11月、同労基署は、事業場と関係先に対し、捜査差押えを実施している。

【平成30年3月7日送検】

あわせて読みたい

ページトップ