骨盤骨折で半年休業の労災を隠蔽 個人事業主を送検 沖縄労基署

2018.06.07 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 沖縄労働基準監督署は、労働者死傷病報告を遅滞なく提出しなかったとして、「望興業」の名称で建設業を営む個人事業主(沖縄県島尻郡南風原町)を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で那覇地検沖縄支部に書類送検した。平成29年5月、沖縄市内の建設工事現場内において、同個人事業主に雇用されていた労働者が骨盤を骨折して半年間休業する労働災害が発生していた。

 同労働者は、倒れてきた数十枚のベニヤ板の下敷きとなり負傷した。労災から4か月後の9月、「労災保険が使えない」と同労基署へ相談したことが捜査の端緒となった。
 「望興業」は3次下請として入場していた。同個人事業主は「元請から2次下請に注意が行くと思い労災を隠蔽した」と話しているという。

【平成30年5月10日送検】

あわせて読みたい

ページトップ