中途採用者の年休対策、インターバル制度導入などのケースを掲載 働き方改革で事例集 富山労働局

2020.03.01 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 富山労働局は、中小企業の働き方改革の好事例集を作成した。年次有給休暇取得促進に取り組んだ建設業者や、勤務間インターバル制度を導入したラーメン店などのケースを収載している。

 好事例集の名称は「富山県内の働き方改革 業種別取組事例集」。同労働局のホームページからダウンロードできる。

 ユーシン建設㈱(砺波市、12人)では、中途採用の労働者でも年休を取得しやすくする目的で、入社2カ月目に4日を前倒して付与する仕組みを取り入れた。毎年4月1日を基準日に設定して、一斉付与を行うなど管理面でも対策を講じている。

 年休の取得率は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ