【今週の労務書】『雇用が変わる 人材派遣とアウトソーシング――外部人材の戦略的マネジメント』

2016.12.03 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

外部人材の活用を推奨

 経営コンサルタントである筆者は本書で、正社員中心の人材マネジメントを転換し、あらゆる雇用形態の「人」を活かしていかなければ、企業の成長はないと考えるべきと指摘。人材派遣と、業務請負などのアウトソーシングの有効活用に焦点を当て、各形態のメリット・デメリット、活用上の留意点を解説している。

 人材派遣会社を選択する際の着目点も紹介。たとえば、特定の業種や職種、地域でのサービスに強みを持つ会社が少なくないため、会社の規模の大小やブランドに捉われず、依頼する業務内容や目的に応じて選択するよう助言している。

 外部人材の戦略的な活用を始めたい企業にはヒントが詰まった一冊。

(水川浩之著、レクシスネクシス・ジャパン刊、TEL:03-5561-3551、2500円+税)

Amazonで購入する

ジャンル:
平成28年11月28日第3090号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ