【今週の労務書】『人材派遣会社向け 図解 人材ビジネスを楽しくする101のしかけ』

2013.11.18 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

日常的な会話に注意を

Amazonにリンクします

 本書は、派遣事業を中心とした人材ビジネス業界で働く管理営業、コーディネーター、請負管理責任者などに向けて書かれた「超実務的」がウリの指南書。著者自らの苦労話に基づく「スタッフ管理の極意」が読みどころで、「既存顧客対応の極意」と併せて読めば理解が深まる仕掛けだ。

 著者は、スタッフ管理で最も困ったのは「突発退社」と述懐する。防止策は、日常的な会話の励行。繊細なアラームへの気付きが大事としている。例えば「挨拶してもいつもと違う」「元気がない」などの前兆がある場合が非常に多いという。欠勤理由で嘘をつくスタッフには、真偽より働く気があるかが重要と指摘。許容範囲であれば流すこと(様子見)も必要とした。

(山内栄人著、㈱秀和システム刊、TEL:03-3470-4947、1500円+税)

関連キーワード:
平成25年11月18日第2945号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ