クレーン転倒災害防止を緊急要請 6人死傷の重大災害受けて 宮城労働局

2020.01.09 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 宮城労働局は、移動式クレーンの転倒により6人が死傷した労働災害を受け、県など45の工事発注機関と建設業関係の36団体に災害防止を緊急要請した。

 災害は昨年12月18日、塩釜市内の建設工事現場で作業中の大型クレーン車(80t用)が転倒したもの。少なくとも車7台がアーム部分の下敷きになり、車内にいた40歳代の男性1人が死亡、その他に男性5人が負傷した。現在、所轄の労働基準監督署が詳しい発生状況などを調査している。

 移動式クレーンの安全管理のポイントとして、転倒するおそれのある荷重をかけない、過負荷防止装置の自動停止機能を解除しない、アウトリガーの適切な張り出し幅を確保することなどを示している。

あわせて読みたい

ページトップ