足場設けず墜落死 電気設備工事業者を送検 さいたま労基署

2019.12.20 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 さいたま労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、設備工事業の川端電設㈱(東京都豊島区)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いでさいたま地検に書類送検した。高さ2メートル以上で電気ケーブル設置作業を行わせていたにもかかわらず、足場を設けさせていなかった。

 設置作業は地下駐車場で行われていた。労働者は、脚立に跨いだ状態で踏ざんに両足を乗せて作業していた。設置作業中だった電気ケーブルが労働者に向かって落下し、長さと重みに引っ張られて脚立から墜落。労働者は頭を打って死亡した。墜落防止の手摺りなどはなく、ヘルメットも装着していなかった。

 労働安全衛生規則第518条では、事業者が高さ2メートル以上の箇所で作業を行う場合、足場などの作業床を設けなければならないとしている。同社は2メートル2センチの高さでの作業にもかかわらず、作業床などの墜落防止措置を講じていなかった疑い。

 同労基署によると、手摺りや簡易足場、移動式足場があれば墜落を防止できたのではないかとしている。

【令和元年1126日送検】

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ