フォークリフト横転で下敷きに 作業計画など定めず送検 米子労基署

2019.10.31 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 鳥取・米子労働基準監督署(森下芳則署長)は、フォークリフトの転倒防止措置を怠ったとして、貨物自動車運送事業のニチラス運輸㈱(鳥取県米子市)と同社専務取締役を安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで鳥取地検米子支部に書類送検した。令和元年6月、同社労働者が死亡する労働災害が発生していた。

 被災者は66歳の男性正社員。同社敷地内でフォークリフトを用いて木製パレットの運搬作業をしていた。運行経路には溝があったため、その上にはあらかじめ鉄板が敷かれていた。通常通行には問題はなかったが、フォークリフトで通るには鉄板が狭く、鉄板から脱輪した左後ろのタイヤが溝にはまって左側に横転し、投げ出された労働者が下敷きになり死亡した。

 同社は安衛法に定められたフォークリフトの作業計画を定めておらず、フォークリフトの転倒を防ぐための必要な措置も講じていかなった疑い。

【令和元年10月9日送検】

あわせて読みたい

ページトップ