バックしてきたフォークリフトに接触し労働者死亡 危険箇所に立ち入らせた倉庫業者を送検 足立労基署

2022.03.14 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・足立労働基準監督署は、フォークリフトと接触する恐れのある箇所に労働者を立ち入らせたとして、倉庫業の日本運輸倉庫㈱(東京都台東区)と同社取締役兼支店長を安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで、東京地検に書類送検した。バックで停車しようとしたフォークリフトと接触し、労働者が死亡する労働災害が発生していた。

 労災は令和3年8月5 日、荒川区内の倉庫で起こった。フォークリフトを停車させるためにバックさせた際、運転者が進行方向に労働者がいることに気付かず、接触させてしまった。同労基署によると、…

【令和4年1月19日送検】

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。